あきぽんの日経先物自動売買に挑戦

安定した戦略に絞り込んで再スタートしました

公開中の戦略成績

【Mugen Rapid Long】販売中

急落した後の買戻しをする戦略です。過去にも何回かチャレンジしつつやっと安定的な成績が得られるようになりました。戦略名中<Close60>とあるのは、60円以上の利確を狙い、持越しは最大次場で〆めます。販売ロジックはLong Verですが、LongShort、ナンピンVerも同時に公開しています

 

【NanTateSet】販売中

ナンピンとタテマシによる利益増幅を狙う。シュミレーション用にA.START100の両建て基本ロジックも同封していますが、販売する商品はナンピンとタテマシの設定ファイルのみです。シュミレーションでどのような動きをするのかテストするために建玉・利確・損切りのファイルを同封しています。以下の成績は、ナンピンとタテマシの戦略成績のみを抽出したものです。

 

【W2CSSw50】

Day用Long&Short二枚、Night用Long&Short四枚の両建てになります。

ローソク足三本と昼夜のエントリー時間を組み合わせた「たったそれだけ」の戦略です。この戦略では、利確or損切orSQまで、持ち越します。持ち越す戦略では、ナンピンなどの付加戦術が有益のように思います。成績は複合成績を公開していますが、単独でも稼働可能ですので、二枚両建て運用が可能です。

 

【OMAN60】

両建て戦略になりますが、めったに両建てになることはありません。原理的には、ある特定時間に、朝の寄付き値を挟んで、大きく乱高下すると両建てになってしまいますが、それは稀です。いわゆる「押し目買い(Long)」「戻り売り(Short)」の戦略で、一日に一回だけ日場のある時間帯に「ある条件」を待ちます。「上がれば売る、下がれば買う」という単純なロジックです。次場の引き成(正確にはその直前)で終了し、継続させない戦略で、(土日除き)24時間以内に決済させます。 

 

【MC..NCSS30】

ローソク足数本と朝の寄り付き、前場終了値との比較を行いエントリーします。やや「反転」に弱い印象があるため、ロスカットを固定少額で行います。もともと、ニューヨーク市場の時間帯に稼働するロジックで開発しており、日場用のデーターは4月下旬からのみです。

 

5月23日更新



※掲載データーは、個別の成績よりも遅れて、非定期的に更新しています。最新の成績は、戦略毎のページをご覧ください。