あきぽんの日経先物自動売買に挑戦

安定した戦略に絞り込んで再スタートしました

ActBreak50概要&通算成績

 

Active Break50【概要】

毎日二回、朝の寄付き前後に判断し、エントリーします。あとは、仕事に没頭できます!

両建の戦略ですが、普段は両建てになりません。しかし、寄付き前後で大きく乱高下した場合、たとえば寄付きは100円高だったが、数分後には100円安になるなどは、両建てになります。

Act Brk50.Mng Long &Short

Act Brk50.Nkk  Long &Short の計4枚ですが、 MngとNkkは無関係ですので、どちらか一方のみでも、買建・売建のどちらかだけでも良いとです。

 

最近、通常の利確以外に「返済買い(売り)●RpdExit50」という利確法を導入しました。トレーディングフォローをどんなロジックが良いのか悩みどころですが、いずれにしても「折角、ある程度の利益が出ている」にも関わらず、急激な反転で利確できずに含み損になるのを防ぐために使っています。ですので、急激な相違場変動でない限り通常の利確が優先されます。